クリエイティブ・ライティングとは?

2020年4月9日

 

クリエイティブ・ライティングとは、
言葉で人を動かす技術のこと。

 

クリエイティブ・ライティングでできること

 

伝える技術として

言葉は、オンライン・オフライン問わず、
すべてのコミュニケーションの基本。

メールやチャットはもちろんのこと、
企画書、謝罪文、お礼の手紙などで、

相手に自然と伝わるためには、クリエイティブな発想で
ライティングするチカラが必要不可欠です。

伝えるために大切なのは、言いたいことをいうのではなく
What to say=何を言うのかがとても重要。

 

 

売るための技術として

これからは事業主はもちろんのこと、複業推奨の時代には個人も”売る技術”が必要となってきました。

例えば、

・ホームページ上で商品やサービスを売るためのライティング
・ヤフオクやメルカリでライバルより高く売るためのセールスライティング
・PPC広告 チラシ ダイレクトメールで売上を上げるライティング
・ニュースレターやメールマガジン SNS上で顧客との関係づくりを強化するライティング
・見込み客を集めるために資料請求してもらったり、お試しをして促すためのライティング
・FacebookやYouTubeの動画などのコンテンツやスプリクト作成のためのライティング

写真中心のInstagramですら、
説明文に共感を得るためのライティングが必要だったり・・・

 

特にインターネット上では、営業マンの役割を果てしてくれる
”セールスのためのライティング力”が重要に。

 

 

呼びかけの技術として

 

混迷の時代に必要とされる人財は”リーダー”ではないでしょうか。

2014年 TEDで4900万回以上再生された
サイモン・シネック氏注目されたことも、

誰もがリーダーとして生きる時代に突入したことを
教えてくれているのだと感じました。

 

だからこそこれからは、

”売る技術”=成約率を高める技術 だけでなく、

あなたの夢や理想の世界を実現していくために
リーダーとして「仲間」を集める呼びかけの技術が
求められてくるはずです。

 

同じ世界観を持つ「人」と「人」とが集えるコミュニティーを
いかに”コトバ”で伝え構築することができるのか。

呼びかけの技術がより重要になっています。

 

 

 

言葉は、あらゆるモノの中心にある。

 

 

 

つまり、何かを始めるときには
必ず相手に何かを伝えることが条件になるということ。

 

しかし・・・

残念なことに、
言葉で人を動かす技術=クリエイティブ・ライティングを

学校でも職場でも誰も教えくれる機会がなく、
コミュニケーション下手というレッテルを貼られ

何が原因かすら分からず
不安だけが増していく状況に陥ってしまいます。

 

 

ライティングは”スキル(技術)”である

 

だから、誰でも正しく学べれば習得することが可能です。

 

クリエイティブ・ライティングは
文章の上手さとは違います。

あなたが小説家や脚本家を目指すのであれば
それは別ですが、

重要なのは、クリエイティブ・ライティングは、
才能や能力ではなくて、スキルの問題であるということ。

 

世界で最も価値のあるスキル
”クリエイティブ・ライティング”を学んでみませんか?

 

 

 

 

最新情報はメルマガで配信中

英語圏の情報を使って
人の役に立つ仕事をしたい人のための
メルマガを配信しています。

興味がある方は下記フォームよりご登録ください。