自称アーティストをブン殴る言葉

 

何かを表現したい人が増えている中で、

こいつはホンモノの表現者(アーティスト)かどうか見極めるポイントがあります。

 

 

それは、

 

表現者たが作品と呼ぶものに対して

 

 

so what ?
だから何?

 

と、問いかけること。

 

常に考え、
創意工夫をしているものには、

必ず見ている人を巻き込む
何かが存在しています。

 

 

この問いかけは

自分の行うビジネスや
コミュニティーコンセプトにも

通ずるものがあります。

 

 

 

誰も巻き込めない
単なる自己表現なら

哲学すら全く感じらずに試合終了デス。

 

 

あっ、ちなみに・・・

 

英語圏に行くと、
so Fu○king what ? と言うらしいので

日本ならまだ、
オブラートな問いかけなのかも(笑)

 

 

 

では、これからのホンモノとは?

 

僕はこの動画にヒントがあると感じています↓

 

 

自分が表現したものに対して
もう一歩踏み込んで、

 

 

so what ? だから何?

 

と、投げかけてみる。

 

 

 

その答えこそ、

コミュニティーリーダーにふさわしい
人生のビジョンにもつながるはずだから。

 

最新情報はメルマガで配信中

英語圏の情報を使って
人の役に立つ仕事をしたい人のための
メルマガを配信しています。

興味がある方は下記フォームよりご登録ください。