無名の兵士の言葉

ほんの少しの視点を変えると、人は幸福になれる。
ニューヨーク大学の壁に残された悩める人々への言葉とは・・・

 

A CREED FOR THOSE WHO HAVE SUFFERED

I asked God for strength, that I might achieve
I was made weak, that I might learn humbly to obey…

I asked for health, that I might do greater things
I was given infirmity, that I might do better things…

I asked for riches, that I might be happy
I was given poverty, that I might be wise…

I asked for power, that I might have the praise of men
I was given weakness, that I might feel the need of God…

I asked for all things, that I might enjoy life
I was given life, I might enjoy all things…

I got nothing that I asked for but everything I had hoped for

Almost despite myself, my unspoken prayers were answered.
I am among all men, most richly blessed!

AUTHOR UNKNOWN

 

 

無名兵士の言葉

私は神に
大きなことを成し遂げるための 強さを求めたのに
謙遜を学ぶようにと 弱さを授かった

偉大なことができるようにと 健康を求めたのに
よりよきことをするようにと 病気を賜った

幸せになろうとして 富を求めたが
賢明であるようにと 貧困を授かった

世の人々の称賛を得ようと 成功を求めたのに
謙虚に神に頼むようにと 失敗を授かった

人生を楽しむために あらゆるものを求めたのに
あらゆるものを慈しむために 人生を賜った

求めたものは一つとして与えられなかったが
語られなかった祈りはすべて聞き届けられた
私は もっとも豊かに祝福された

作者不詳